読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんもん

悶々と悩むモンモナードのもんもんブログ

ポータブルで風を感じたい

無趣味だった僕が今、週末を楽しみにしている。

黒いプラスチックの板に乗り、近所と家との間をくねくねしながら行ったり来たり。

僕は今年からスケートボードを始めた。いわゆるスケボーだが、やっている人のなかには「スケート」と言う人もいて、そのほうが玄人感が出てなんだかかっこよく感じる。

店員さんに組み立ててもらう 

始めたのは1月から。通勤途中にショップがあり、トリックを楽しめる障害物が設置されたパークが中に併設されている。ボードはそこで買った。

「初めてなんですが、何を揃えたらいいですか?」

スケートシューズはファッションアイテムとして持っていたので、あとはボードがあれば気兼ねなく始められる状態だった。このシューズがスケボーをやってみようかなと思ったきっかけでもある。

ボードはパーツの説明を聞きながら、店員さんに組み立ててもらった。

足を乗せる木の板は「デッキ」。8インチ、8.1インチと店頭には少しずつ横幅の違う物があり、ワイドであるほどもちろん安定する。幅が狭いものは軽く、トリックがしやすいらしい。

それから説明は省略するが、地面と接触する「ウィール」。ウィールの回転を長く安定させる「ベアリング」。デッキとウィールの繋ぎ目である「トラック」。そして最後に、ざらざらした紙やすりのような「デッキテープ」。

デッキテープを仕上げに貼るまでの工程をすべて見せてもらい、自分だけのボードが完成した。

ん、プラスチックの板って?

スケボーにはいくらか種類がある。僕が調べた限りだと3種類。ザ・スケボーであるストリートボード、移動用の小さなミニクルーザー、陸地でサーフィンやスノボーの練習ができるロングボード

僕はこのうち、上で書いたストリートボード以外に、プラスチックでできた「ペニーボード」というミニクルーザーを持っている。

以上、ここまで長々と書いたが、乗っているのはもっぱらこのペニーボードのほうだ。小さいので、持ち運べる交通手段として使える。

風ば感じたいけー

ミニクルーザーはトリックを決めるというよりは、自転車のような足として使える。もちろんとっさのブレーキが効かないので、公道では十分に配慮しなければならない。

よく回るベアリングが付いていて、ウィールも柔らかいものなので静か。路面が多少悪くても滑っていられる。

これを綺麗な路面で滑ろうものならかなりスピードが出る。単純に横向きで立ってるだけという、いかにも「乗り物に乗ってます」でない姿勢にもかかわらず、気持ちのいい風を感じられる。これがミニクルーザーの一番楽しいところじゃないかなと思う。

自転車に乗って、バイクに乗って。ハンドルを握って、座るところがあって、足を置く場所があって。逆算的だけど、それでスピードが出るのって当たり前じゃん。

そうじゃなくて、ただベルトコンベアに乗ってるだけのような状態でスピードが出るのが快感なんだよね。もちろん、その分ケガもしやすいんだけど、それを上回る楽しさがある。

まとめ

オチのない記事になっちゃった。ともかく、今スケボーが楽しいよーっていう話でした!

ストリートボードのほうも、ジャンプする「オーリー」っていう技を練習中。このオーリーがある程度形になったら障害物を使って遊べるようになる。そしたら、ボードを買って以来久しぶりのパークへ挑戦したい。

シャイはもったいないよ

今日からはてブロデビュー!よろしくどうぞ。

自分の思いをすらすらと述べることが苦手なので、このブログを書くことがその一助になってくれればと思う。

とりあえずは1ヶ月間、毎日欠かさず書くぞ! 

街コンに行ってきた

昨日は街コンに行ってきた。去年の11月に初めて行ったので2回目である。

前回のは「20代限定街コン」、今回のは「アラサー限定街コン」。

20代限定コンでの話題は主に「大学時代は何々してた」というものであったが、大学を楽しめず中退してしまった僕には学生時代の話をあまり共有することができなかった。

アラサー限定コンはアラサーだけあって、車や仕事、結婚などさらに社会に踏み入った大人の話になるんだろうなと思っていたけど、やっぱりそうだった。車には興味がないし、一度レールを脱線してしばらく浮世離れしていた身には深く共感できるものがない。

まあでも、そんな話ばかりでもなく、もちろん「休日は何してますか?旅行はどちらに行ったんですか?」のような話題もあるので、まったく会話に参加できないなんてことはなかった。 

マチコン?

この街コンイベントの形式は、居酒屋で2対2の合計4人の男女が30分おきに席替えをし、対話をしていくというもの。

「街コン」というのは通常、数件の飲食店を貸し切って同性2名以上が異性との対話をしに巡るものらしい。なので、正確には街コンというか「居酒屋コン」だと思う。

時間内に女性全組と対面できるわけではなく、女性2組くらいとは時間オーバーで会話ができなかった。

それで、6組と対面したので約3時間。男性の参加費は女性の参加費2000円に対し、7000円である。…高い。

僕は1人参加。ということは、もう1人の男性参加者がペアになる。席替えは最後まで彼と一緒に回っていく。

30分の最後に「LINEを教えてもらえますか?」と彼が聞くので、僕もそれにならって連絡先を交換していった。

これからどうしますか?

会はあっさり終わった。もちろん恋愛や今後の付き合いに発展させたいなら、交換した連絡先へのアプローチがものを言う。

でも、2次会やカラオケ等あった去年の20代コンとは違って、7000円払ったわりにはあまりにもあっさりと終わってしまった。なので、ペアの彼と「これからどうしますか?」という話になった。

それからナンパの話になり「してみます?」と。

今までの経験上めったにある話ではなかったし、そういう友達もいなかった。一度挑戦してみたかったナンパなるものを自分としてみんとてするなり…というわけで、街なかで女の子に声をかけることになった

ナンパ?ウケるー(棒)

結果からいうと、約10回声をかけ、10回とも失敗

じゃんけんに負け、記念すべき第1回目を僕がキメることになり、最終的には約10回のうち2、3回を除いてはすべて僕が声をかけていた

声のかけ方としては、女性2人組に対し「すみません」から始まり、「これからどこか食べに行こうかなと思ってるんですけど、一緒にどうですか?」という感じ。

「声をかけることに慣れてくると、逆に声をかけることが逃げになる」とはツイッターで見たもので、回数を重ねるごとに機械的で、早口で会話に間髪を入れない余裕のない感じになってくることが感じられた。

だから、こうなってくると声をかけた数はあまり重要じゃないなと思う。だけど、飛び込む勇気が養えたと思うから、得るものはあった。

「すみません」へのガン無視や「ナンパ?ウケるー(棒)」迎撃を喰らいつつも、これがむしろ予想できる普通の反応だと思っていた。だから、「友達と約束してるので」「行くところがあるので」と、ほとんどみんなが一応は返してくれることに感動を覚えてしまった。…いや、成功はしてないんだけどさ。

まとめ

「シャイはもったいないよ」と彼は言う。「人生は人と関わることだから、自分から動かないと、待ってても何も始まらない」と。

途中、腹を満たしに入ったラーメン屋でベトナム人カップルと相席になった。「Hi」と声をかけ、「二人は日本に来る前から付き合ってるんですか?」「『おいしい』はベトナム語でなんと言うんですか?」なんて話をしてみる。

居酒屋でバイトする彼のほうの話、8月にはベトナムに帰るから寂しいという彼女の話。なんというか、他人の生活の話に触れると今この瞬間を生きている健気さに尻を叩かれる感じがする

このベトナム人、居酒屋コンで話した人たちだけじゃない。普段プライベートのことを話そうとしない会社の人間や、どこで何をしているのかも分からない同級生たち。

彼らも自分目には見えないだけで確実に目の前の生活を生きているし、そのなかで刺激を探し、人生を楽しもうとしている。

刺激を自分から見つけに行くということもそうだけど、自分以外の他者に対しての見方も、僕はここが欠けがちだよなと思う。

 

こうして今日から始めた「もんもん」の1記事目だが、案外けっこうなボリュームで書けた。

明日も明後日も仕事があるからこんなふうには書けないだろうけど、頑張るよ!